便秘痔

便秘のつらい症状について

便秘に悩んでいる女性は日本では2人に1人といわれています。事務仕事や一日中同じ姿勢が続く社会人の方に多いのも特徴です。便秘というのは3日以上便が出ない方、もしくは排泄をしても便が出し切れない、残便感が強い方を言います。便秘には様々な症状を引き起こしますが、例えばどんな症状があるのでしょうか?
主に便秘の症状としては、残便感や食欲の不振、吐き気、肌荒れ、痔や大腸炎、頭痛など様々です。便秘が原因で腸だけでなく、身体の様々なところに以上が拡がることが一番問題になってきます。体内に長時間不純物である便が残されていることになるので、雑菌が腸内で増殖したり、腸内の悪玉菌が増加することで、炎症症状を起こすことがあります。また、腸内細菌がさらに腸内の物質を分解したり増殖を繰り返すことで、ガスが発生し、体臭や口臭として出現することがあるのです。ですから、体内に便を残してつらい症状に悩み続ける前に、排泄習慣を早期に取り戻すことが必要です。

便秘の種類

主に直腸性の便秘と弛緩性の便秘、痙攣性の便秘の3つが上げられます。まず、直腸性の便秘というのは体内に便が溜まってきたときに直腸が排泄したいというのを感じるスイッチの役目を果たし、その信号を脳に送って排泄をします。しかし、直腸の機能が低下していたり、直腸からの神経伝達が上手くいかないことで排泄の認識が遅れて便秘を引き起こすことがあります。
次に弛緩性の便秘ですが、大腸というのは、便を直腸の方へ送り込んである程度直腸に近い場所に便が溜まることで排泄したいと感じます。ですから便を送り込む腸内運動が低下することで、直腸で便を感じにくくなるだけでなく、排泄する力自体も低下することになるのです。
また、痙攣性の便秘というのは、ストレスなどが原因で、過剰な腸内運動が起こり便を固めることができなかったり、水様便となってしまう状態です。ですから、過剰な腸内運動を感じて腹痛はあるのですが、便が固まらないために、少量しか出すことができなかったり、多く出るときには水様便に近いことが多いです。

腹痛の主な原因

排泄前に腸が張り腸内運動を盛んにさせることで排泄へ動作を移行させる訳ですが、便秘になると過剰な痛みに襲われることがあります。これは体内の不純物である便が溜まりすぎたことで、過剰にガスが充満し、腸を膨らましたことによって起きていることが多いです。ガス自体は気体なので、腸内を動かすようにマッサージすることによって改善する場合があるので試してみてくださいね。

便秘解消・改善に対する情報サイト

腸内運動を正常に取り戻す治療サイトはこちら!

 

便秘に関する悩みを解消してくれるサイトはこちら!